包丁のメンテナンス方法についての知識をまとめたサイト

>

包丁を上手く研ぐコツ

砥石の使い方がカギ

包丁を上手く研ぐためには、砥石を上手に使うことが重要なポイントになります。
まず、砥石をしっかりと固定します。
濡れた布巾を下に敷いたり、砥石台を使用します。
これらを使用することで砥石が動かずに、安定して研ぐことができます。
砥石は使用前に必ず水でぬらします。
5分程度、水につけておくとより良いです。
そして、砥石自体は表面を常に平らにしておきます。
表面にでこぼこがあるとキレイに包丁を研ぐことが出来ません。
使用後は平らな場所に置き、水を付けながら砥石をこすって修正していきます。
全ておわったら必ず良く洗い、水分を拭き取ってからしまうようにしましょう。
水につけっぱなしにしていたり、日に当てて保管するとひび割れてしまう原因になります。

研ぎ方のコツ

包丁を研ぐときには、一度に全て研いでしまうのではなく数回に分けて部分的に研いでいきます。
先端部分、真ん中、手元と3箇所に分けて順番に研いでいきます。
砥石と包丁の角度は、上から見たときに砥石に対して包丁が45度の角度に
砥石に対して約45度の角度を保ちます。
横から見た角度は、片刃の場合には切刃の角度を一定に保ちます。
両刃の場合には約15度に保つようにします。
そして、包丁の表を手前から奥へ押し出すように動かして軽く引き、研いでいきます。
最後に裏を研ぎます。
包丁の角度を立てて研がないこと、砥石に当てる角度を一定に保つことといった2点はどの工程でも守るべきポイントになりますので上手く包丁を研ぐことができないという方はやってみてください。