包丁のメンテナンス方法についての知識をまとめたサイト

>

包丁の素材の種類

日々のお手入れも大切

包丁は、使用した後できるだけ時間をあけずにすぐ洗うと良い状態を保つことができます。
食べ物に含まれている酸はサビの原因となりますので、サビてしまう前になるべく早く落とします。食品の酸はとくに特別なものを使用しなくても台所用洗剤で落ちるものですので普段使用しているスポンジを使用して磨いていきます。
洗い終わったら水で流し、時間をおかずにすぐに水分を拭き取ります。
保管する際にはカビが発生しないように湿気が少なくて風通しがよく、日の当たらないところに寝かせずに立てて保管します。
毎日使用するものでなければサラダ油などを塗っておくとサビが出来にくくなりますのでおすすめです。
近年は食器洗い機を使用している家庭も非常に多いですが、包丁に関して言えばあまりおすすめ出来ません。
手洗いと比較してどうしてもサビが出やすくなりますし、熱で変形してしまう可能性もあります。

定期的に研ぐこと

毎日、こまめに出来るケアをしていくことはサビを防いで包丁をよい状態に保つためにはとても大切ですが、包丁の切れ味をキープするためには研ぐというお手入れも必ず必要になってきます。
最低でも月に1度程度は砥石を使って包丁を研ぐようにすると、鋭い切れ味が長持ちします。
自宅で砥石を用意して砥ぐと簡単ですし、自分の都合のよい時にできるので良いのです。ですが、手を切ってしまいそうで恐いという方や、上手く出来ないという方は専門のサービスを利用するのも良いでしょう。キッチングッズ売場や包丁の専門店に行けば大抵のところではサービスを行っています。プロが行ってくれますので、自分で研ぐよりもとても良い切れ味に仕上がることは言うまでもありません。
自分で砥石を使用して研いでみるにせよ、プロに依頼するにせよ、定期的に研ぐことは包丁の切れ味をキープするためにはとても重要ですので面倒くさがらずに行うようにしましょう。