包丁のメンテナンスはどうしたらよい?

包丁のメンテナンス方法についての知識をまとめたサイト

包丁の素材の種類

包丁は、ほぼ毎日使用するものですが少しでも良い状態で長持ちさせるためには一体どのようにお手入れをしていけば良いのでしょうか? 包丁の状態は、料理の仕上がりにも影響してきますし切れない包丁を使っての料理はストレスも溜まります。 メンテナンス法を頭にいれて、楽しく美味しい料理を作りましょう。

包丁を上手く研ぐコツ

包丁をできるだけ長く、良い状態で使用するためのメンテナンスとしては砥石で研ぐということが必要になります。ですが、実際に研いでみるとなかなかうまくいかないということも耳にします。上手く研ぐにはいくつかのコツがあるようですので、見ていきましょう。

包丁をメンテナンスする際に気を付けるべきこと

包丁をメンテナンスするためには、包丁を砥石で研がなければなりません。特にむずかしい作業ではありませんが、注意しないとケガをしてしまったり、包丁を痛めてしまう原因となってしまうこともあります。メンテナンスをする際の注意点をきちんと知っておきましょう。

包丁のメンテナンスはどのようにすれば良いのか?

近年は、キッチングッズも安いものや簡素なものなどが非常に多くなってきていますが包丁だけはこだわりを持って選んでいるという方も多いのではないでしょうか?
包丁は素材や製法に様々な種類があり、使用する用途によって形状も違ってくるので包丁選びというのは難しいものでもあります。
そんな包丁ですが、使用される素材は大まかに鋼。ステンレス、セラミックの3つに分類されます。
鋼は鉄に炭素やマンガン、ケイ素が含まれた金属です。
硬度が高く、加工や研磨が簡単に出来ますので、良い刃文がつきやすいです。ステンレスに比べて切れ味が非常に良いです。こまめに手入れをする必要がある素材ではありますが、鋼は比較的簡単に研ぐことが出来ますので切れ味はキープしやすいです。
ステンレスはクロムが入っている合金でさびにくいという特徴があります。
扱いやすく、家庭で使うのにおすすめです。
セラミックはセラミックスメーカーの京セラが初めて包丁に使った素材で金属ではなく陶器です。
ジルコニアを使った素材で金属より軽く、硬度が高いという特徴があります。
非常に使いやすい素材ではありますが、一度欠けてしまったら自分で研ぐことは出来ませんし、切れ味が悪くなってきても自分でお手入れすることが出来ません。
このように、包丁は使用している素材によって切れ味やお手入れのしやすさなどに大きな違いがあります。
使用用途によって、どの素材が向いているかは違ってきますので選ぶ際にもどのように使用するのか、何を重要視して選ぶのかを考えて決めると良いでしょう。